ワンポイントレッスン

ブラインドタッチを7日間で身に付ける方法をお教えします!

>>> 「給料を上げる ブラインドタッチ」 <<<

単語登録でタイピングのスピードアップ

ひらがなをタイピングし変換することによって漢字を打ちますが、正しい漢字に変換されなかった時はどうしてますか。多分、漢字を一文字ずつ変換して目的の漢字を出しているのではないでしょうか。それもひとつの方法ですが、他にもっと楽に目的の漢字を打つ方法があります。


スピードか正確さか?

指がキーの配置を覚えたら、次はスピードアップの練習に取り組むことになります。この時に、それなりのスピードでキーを打つことが出来るけれども、タイプミスが多い場合はどうしたらいいのでしょうか?


いつ練習したら効果的?

どうせブラインドタッチ(タッチタイピング)の練習をするなら効果的に練習をしたいものです。一日のなかでいつ練習をすると効果的なのでしょうか?


練習仲間を作る

一人で孤独にブラインドタッチ(タッチタイピング)の練習をするのは、なかなか辛いものです。そういった時は一緒に頑張る仲間を作りましょう。


ついキーボードを見てしまう人へ

キーボードを見ないで練習することが、ブラインドタッチ(タッチタイピング)修得のコツです。しかし、ついついキーボードを見てしまうために、なかなか覚えられないという人もいるかと思います。そういった人のために、とてもいい方法があります。


パソコンの操作はキーボードで

パソコンは、主にキーボードマウスで操作します。キーボードで文字を打ち、マウスでメニューを選択するという人が多いと思います。しかし、マウスの存在がタイピングのスピード低下の原因になっているかもしれません。


先読みでスピードアップ

頭の中に浮かんだ文章をタイピングする場合は関係ありませんが、紙に書かれた文字を見ながらブラインドタッチ(タッチタイプ)する場合は、先読みが出来るとかなりスピードアップします。


薬指と小指を鍛える

ブラインドタッチ(タッチタイピング)の練習を続けていると、ある時点でタイピングのスピードアップが頭打ちになる時期が必ずきます。そのような時は自分のタイピングの仕方を観察してみて下さい。薬指と小指がネックになっていませんか?