正しい練習法

ローマ字入力をお勧めします

ブラインドタッチを7日間で身に付ける方法をお教えします!

>>> 「給料を上げる ブラインドタッチ」 <<<

タイピングの練習を始めたばかりの人が迷う点は、ローマ字入力にするのか、かな入力にするのかの選択でしょう。当サイトでは、ローマ字入力をお勧めしています。


ローマ字入力をお勧めする理由は次の3つがあげられます。


(1)覚えるキーの数が少ない

かな入力では約50個のキーを覚えなければなりませんが、ローマ字入力では26個のアルファベットを覚えればよい。


(2)指を動かす範囲が狭くて済む

キーボードのキーの配列を見れば分かりますが、ローマ字打ちの方が、かな打ちに比べて指を動かす範囲が狭くて済む。かな打ちはキーの配列の4段に渡って指を動かす必要があるが、ローマ字打ちは下3段のみで済む。


(3)アルファベットが打ちやすい

もともとローマ字はアルファベットの組み合わせなので、アルファベットを打つ場合の切り替えが容易。


但し、ローマ字打ちは、かな打ちに比べて打鍵数が多いので、その分タイピングのスピードが低下するかもしれません。


ブラインドタッチ歴17年の当サイト管理人イチオシのキーボードとマウスです。
キー配列の微妙なカーブでとてもタイピングしやすいです。ワイヤレスマウスも手に馴染みます。
詳しくはこちらです→Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)
Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)

2006年09月01日 23:38