なぜブラインドタッチ?

ブラインドタッチ(タッチタイピング)の重要性

ブラインドタッチを7日間で身に付ける方法をお教えします!

>>> 「給料を上げる ブラインドタッチ」 <<<

パソコンは今ではビジネスにおいて無くてはならない道具になっています。しかし、パソコンをビジネスで本当に役立つ道具に出来るかどうかは、ブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来るかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。


パソコンアレルギーの人、あるいはアレルギーとまではいかないけれども、パソコンに対して何となく苦手意識を持っている人がいることでしょう。実はそれは、とても損をしていることにお気づきでしょうか。


パソコンをマスターしようと思い立ったはいいが、途中で挫折してしまう人の理由の殆どは、パソコンのタイピングが苦手であることにあるという話もあるくらいです。


確かに、パソコンなど無くても出来る仕事はたくさんあります。しかし、パソコンが無ければ出来ない仕事が多いことも事実です。ワープロで文書を作ることなんてどこの会社でもやっていることだし、メールの送受信なんてもう当たり前の世界ですね。


ホームページで商品やサービスを紹介するためには、図や写真を使うことも出来ますが、何と言っても文章を書くことが主な仕事になります。文章を書くことが主な仕事なのに、キーボードが苦手では致命傷になりかねません。


人がパソコンに対して何か意志を伝えるための主な手段として、キーボードマウスがあります。マウスの操作は比較的簡単に覚えられるのに対し、キーボードの操作をマスターするには、ある程度の訓練を要します。


ブラインドタッチは意外に簡単です!パソコンを本当に役に立つ道具にするためには、ブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来るかどうかが大きなポイントになってきます。ブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来れば、そうじゃない人と比べてタイピングが速くなります。手元を見る必要が無くなり、首振り運動が無くなります。キーボードが思考を邪魔しなくなり、スムーズに文章を打てるようになります。


更に、ある一定以上のレベルになると、キーを打つという意識が無くなり、普通にものを喋っているのと同じ感覚になってきます。こうなるとしめたものです。パソコンはもう手足の延長みたいなものです。


では、どうすればそのようになれるのでしょうか。


正しい方法で一日三十分の練習を一週間続ければブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来るようになります。


正しい方法で練習するためのパソコン用練習ソフトがありますから、それで練習するのが手っ取り早いです。


私は、WACT(ワクト)という専用の練習ソフトで練習してブラインドタッチ(タッチタイピング)が出来るようになりました。


ブラインドタッチ(タッチタイピング)をマスターするためのよく考えられたカリキュラムが魅力です。このカリキュラムを一つずつ順番にやっていけば、約一週間ほどで両手の指がキーの位置を覚えてしまいます。


WACT


是非、ブラインドタッチ(タッチタイピング)をマスターし、パソコンを本当の意味でビジネスに役立てていただきたいと思います。


尚、「WACT」はシェアウェアです。継続使用する場合は、「ベクターのシェアレジ」で送金して下さい。



ブラインドタッチ歴17年の当サイト管理人イチオシのキーボードとマウスです。
キー配列の微妙なカーブでとてもタイピングしやすいです。ワイヤレスマウスも手に馴染みます。
詳しくはこちらです→Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)
Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)

2007年11月20日 22:20