環境を整える

リストレストを使う

ブラインドタッチを7日間で身に付ける方法をお教えします!

>>> 「給料を上げる ブラインドタッチ」 <<<

ブラインドタッチをする際に、手のひらがキーボードや机の上についてはいけません。何故かと言うと、手のひらがつくと速いタイピングが出来ないからです。


このようなリストレスト付きキーボードを使っていれば問題ありません。

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000
マイクロソフト (2005/11/04)


しかし、そうじゃない普通のキーボードを使っているならば、リストレストを使いましょう。リストレストを使うことによってタイピング作業がやりやすくなり、腕や手首の疲れが軽減されます。


色や形も様々なものが発売されています。自分の好みにあったものを使えば、実用的な面だけではなく、見た目も楽しむことが出来ます。


ブラインドタッチ歴17年の当サイト管理人イチオシのキーボードとマウスです。
キー配列の微妙なカーブでとてもタイピングしやすいです。ワイヤレスマウスも手に馴染みます。
詳しくはこちらです→Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)
Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)

2006年08月23日 22:00