環境を整える

爪は短く

ブラインドタッチを7日間で身に付ける方法をお教えします!

>>> 「給料を上げる ブラインドタッチ」 <<<

爪(つめ)の長さによってキーボードの打ちやすさは変わるのでしょうか。そこで、爪(つめ)が伸びるにしたがって、キーボードの打ちやすさがどう変化するのかを確かめてみました。


爪は短く!
その結果、生爪(なまづめ)にならない程度に爪(つめ)を短く切った時が一番打ちやすいことが分かりました。それから時間がたち爪(つめ)が徐々に伸びていって、爪(つめ)がある一定の長さ以上になると急にキーボードが打ちにくくなります。爪(つめ)がキーボードにカチャカチャ当たって、とても邪魔になるのです。


オシャレのために爪(つめ)を長くしている人もいますが、やはり本気でブラインドタッチ(タッチタイピング)を覚えようと思っているのなら、やはり爪(つめ)は短い方がいいのです。


ちょっとでも爪が邪魔になって、キーボードが打ちにくくなったら、すぐに爪切りで爪を切りましょう。


ブラインドタッチ歴17年の当サイト管理人イチオシのキーボードとマウスです。
キー配列の微妙なカーブでとてもタイピングしやすいです。ワイヤレスマウスも手に馴染みます。
詳しくはこちらです→Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)
Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)

2006年08月23日 22:19