環境を整える

ATOKを使う

ブラインドタッチを7日間で身に付ける方法をお教えします!

>>> 「給料を上げる ブラインドタッチ」 <<<

パソコンで漢字を打つ場合、漢字変換のプログラムが必要になります。この漢字変換のプログラムの善し悪しによってタイピングのスピードが大きく変わり、ひいては、アフィリエイトのメインの作業である文章を書く作業の効率に大きな影響を及ぼします。


漢字を打つためには、ひらがなを打ってから変換するという操作が必要になります。この、日本語入力のためのプログラムを「IME(あいえむいー)」といいます。


殆どの人は、Windowsに最初から付いている「MS-IME(えむえすあいえむいー)」を使っていることと思います。あらたにソフトを買い足す必要がないので、特にパソコン初心者にとって便利なソフトだと思います。


しかし、日本語入力のためのソフトは、やはり日本人が作ったソフトの方が手にしっくりと馴染むもの。


その日本人の作った漢字変換のプログラムが、MS-DOSの時代から一太郎とともに使われてきた「ATOK(えいとっく)」です。


ATOK(えいとっく)」の良さは何と言っても変換効率の良さです。ひらがなを打って漢字に変換する際、高い確率で正しい日本語に変換されます。正しく日本語に変換されるので、文章を考えている時の思考を邪魔しません。


思考の流れを邪魔しないので、パソコンで文章を書く際に、文章の中身そのものに意識を集中することが出来ます。


ATOKの定額制サービスについて更に詳しい情報を知りたい方はこちら...
Just MyShop(ジャストシステム)


ブラインドタッチ歴17年の当サイト管理人イチオシのキーボードとマウスです。
キー配列の微妙なカーブでとてもタイピングしやすいです。ワイヤレスマウスも手に馴染みます。
詳しくはこちらです→Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)
Microsoft Wireless Comfort Desktop 5000(SD-00023)

2006年08月20日 22:23