環境を整える

ブラインドタッチを7日間で身に付ける方法をお教えします!

>>> 「給料を上げる ブラインドタッチ」 <<<

ATOKを使う

パソコンで漢字を打つ場合、漢字変換のプログラムが必要になります。この漢字変換のプログラムの善し悪しによってタイピングのスピードが大きく変わり、ひいては、アフィリエイトのメインの作業である文章を書く作業の効率に大きな影響を及ぼします。


使いやすいキーボードを選ぶ

速くて正確なブラインドタッチをするためには、キーボードの選択が極めて重要です。自分の好みにあわない、打ちにくいキーボードだと快適なブランドタッチが出来ません。マウスと並んで、人間が直接パソコンにデータ入力出来る装置であるキーボードにこだわってみました。


リストレストを使う

ブラインドタッチをする際に、手のひらがキーボードや机の上についてはいけません。何故かと言うと、手のひらがつくと速いタイピングが出来ないからです。


爪は短く

爪(つめ)の長さによってキーボードの打ちやすさは変わるのでしょうか。そこで、爪(つめ)が伸びるにしたがって、キーボードの打ちやすさがどう変化するのかを確かめてみました。


パソコンデスクを使う

快適にブラインドタッチ(タッチタイピング)を行おうと思ったら、パソコン本体やディスプレイや周辺機器の設置の仕方にも気を配らなければなりません。それらの配置によってタイピングのしやすさが大きく変わってきます。しかし、普通の事務机だとそれらをうまく配置出来ないので、パソコンデスクの使用を検討した方がいいかもしれません。